税金の支払いのために緊急バイト体験

マイホームを建てるのも、マイカーに新車を購入するのもいいですけれど、税金って結構痛いのですよね…。税金の支払いだけでボーナスが飛んでいく〜ぐらいなものですよ…。本当に税金の支払いには苦労しています。

だって、自分名義の土地付きの家を持っているだけで「固定資産税」がかかるんですから。土地も家屋も国のものではなく、私のものでしょう。それにも関わらず、税金を支払わなくてはならないのですから納得だっていきませんよ。

しかも家を建てた土地によって、固定資産税は変わってきますからね。田舎ならばそれほど固定資産税は土地に対してはかからないと言いますけれど、都会ならばそうはいきませんからね…。本当にもう、土地の固定資産税だけで私のひと月の給料ぐらいなものですから。

ですから「ああ、今月は私は土地の固定資産税を支払うために働いているんだなー」と、なんだかむなしくなってきます。ちなみにその翌月は「家屋」ですからね。

家屋の固定資産税のために一ヶ月間ただ働き感覚になるのですよ。しかも新築の時なんて、めいっぱいの金額で固定資産税がかかってきますからね…。本当にもうただ働き感覚ですよ。だって、お給料が税金の支払いでなくなってしまうのですから。

そして自動車に対して税金がかかっていますからね。仕事で使う車ではなく、私用の車にも税金をかけてくるのですから。それならば、車を積極的に持つ人なんていなくなるのもわかりますよ。

そして毎年毎年、これらをはじめとした税金の支払いは困るものです。家計を圧迫するものですよ。しかも「現金」で支払わなければならないのですから。せっかくボーナスが入っても、税金の支払いだけで瞬く間に抜けていき、そしてボーナスが出ない時なんかもう…。税金の支払いのために必死でアルバイトしましたよ。なんだかもう。